高知県産婦人科|高知ファミリークリニック
 家族と共に迎える出産、母と子のつながりを大切にする母乳育児支援を基本として活動する産婦人科
リンク | アクセスマップ | お問合せ
お知らせブログ トピックス一覧へ

2008年09月27日

ご質問への回答

ひらめき赤ちゃんの入院中のオムツについてひらめき

 当院では原則として布オムツを使用しています。分娩が重なって布オムツの使用が増加し、布オムツの在庫が不足する場合は紙おむつを使用しておりますが、できるだけ布オムツを使用するようにしています。ご理解をお願い申し上げます。


ひらめき帝王切開術後の退院についてひらめき

 帝王切開の場合術後の5日目の退院が可能な場合もありますが、それはお母さんの術後の経過が良く、また赤ちゃんが母乳のみで十分体重が増加し、黄疸も心配ない場合です。もしそうでない場合に急いで退院しても、退院した後問題が起こったりしますので、母子の経過によっては退院を延期していただく場合もあります。
 また、帝王切開の場合の腹壁の切開ですが、当院の場合、前回の帝王切開が縦切開の場合以外は原則として横に切開しています。


posted by 高知ファミリークリニック at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高知ファミリークリニック

福永 寿則 院長様



ホームページを拝見し、高知ファミリークリニックでの出産にとても興味を持っています。ソフロロジー式分娩についても、インターネットで情報を知りとてもすばらしい分娩法だと感じています。



ただ、分娩の時の姿勢についてどういう方針をとられているのか分かりませんでしたので、教えてください。



高知ファミリークリニックでは分娩台を主に使われますか?それとも分娩時に妊婦が自然にしたいと思う姿勢にならせていただけますか?その場合、それは畳の上ですか、それともベットの上ですか?











Posted by 野村 at 2008年11月14日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。