高知県産婦人科|高知ファミリークリニック
 家族と共に迎える出産、母と子のつながりを大切にする母乳育児支援を基本として活動する産婦人科
リンク | アクセスマップ | お問合せ
お知らせブログ トピックス一覧へ

2006年12月06日

前回帝王切開された方の分娩方法

記事が遅くなり、申し訳ございませんもうやだ〜(悲しい顔)

ご質問にあった、帝王切開の経験がある方の次の妊娠の分娩方法は、当院でも帝王切開の方針を採っています。

これはあらかじめ予測できない、そして起こってしまえば大変なことになる子宮破裂を避けるため、お母さんと赤ちゃんの安全を考えてのことです。

帝王切開が経膣分娩に比べてお産として劣るというものではなく、その時の状況で自分自身と赤ちゃんのために最良の選択をした結果の分娩方法と考えてください。
手術をするわけですから、ある意味お母さんにとっては、経膣分娩以上に赤ちゃんのために自己犠牲を払うことになると思いますぴかぴか(新しい)



posted by 高知ファミリークリニック at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しいところ分かりやすいご説明をいただきましてありがとうございました♪
Posted by かもかも at 2006年12月11日 16:33
 質問です、帝王切開をした人は、次も帝王切開で産むとなると、何人までなら産むことができるのですか?状況によると思いますが、自然分娩で産むことはできないんでしょうか?リスクが高くなるのでしょうか?帝王切開の場合も、次の日から、母子同室になれるのでしょうか?
 診察の時に時間はどのくらいかかるのでしょうか?先生と話す時間はあるのでしょうか?
忙しいからと、流れ作業にならないでしょうか?超音波の写真は料金がいるのでしょうか?ビデオにとってくれたりしますか?
 入院中の楽しみの1つは、食事の時間なので、食事はどうゆうものか、写真で載せてくれたらうれしいです。
 母乳指導とはどんなものか詳しく教えてもらえないでしょうか?授乳は、何時間おきとか、きまってるのでしょうか?
 胸が張って痛いのに、悲鳴をあげながら、ガンガンマッサージをされたりするのですか?
たくさん質問してすみません。
もし宜しければ教えてください。
Posted by ちゅー at 2007年02月12日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。