高知県産婦人科|高知ファミリークリニック
 家族と共に迎える出産、母と子のつながりを大切にする母乳育児支援を基本として活動する産婦人科
リンク | アクセスマップ | お問合せ
お知らせブログ トピックス一覧へ

2009年05月16日

分娩予約について

 当院では「医療の質」「お産の安全性・快適性」などの確保のため、一定の枠内の分娩予約受付数の上限を定めています。

 その数に到達後は分娩の予約をお受けすることができませんが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

 ですから、もし当院での里帰り分娩がお決まりでしたら、お電話で大丈夫ですので、予約の連絡をいただけるとありがたく思いますわーい(嬉しい顔)


posted by 高知ファミリークリニック at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

アロマテラピー教室のお知らせ

初夏のアロマテラピー教室の日程等が決まりましたぴかぴか(新しい)

6月12日、26日、7月3日、17日の4回コースです。

いずれも金曜日の午前10時〜12時位を予定しています。

費用は参加費・材料費合わせて1500円で、ハンドタオル1枚と筆記用具を持参していただきます。

また6月のベビーマッサージ教室は23日(火)、午前10時〜11時半位の予定です。

こちらは参加費1000円で、バスタオル1枚と赤ちゃんに必要なものを(飲み物やおむつ等)、ご持参ください。

どちらの教室も当院の2階多目的ルームで行います。

教室の詳しい内容はお知らせブログのアロマテラピーを御覧ください。


申込・問い合わせは

phone to090-8284−4765
または
mail toaromapot@ezweb.ne.jp

担当 奈良雅子さんまでお願いしますわーい(嬉しい顔)
posted by 高知ファミリークリニック at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

アロマテラピートリートメント体験記

当院では出産後、ご希望の方にアロマテラピートリートメントを行っています。

るんるん早速職員も体験してみましたるんるん

まず、自分の体調(疲労・心配ごとなど)に合う精油を決めます。
私はレモンとローズウッドをブレンドしていただきました黒ハート

次はトリートメントして欲しい場所。
肩や足、頭部など、希望に応じて最初に配合した精油でトリートメント

肩こりがツライ私はもちろん肩をしていただきましたわーい(嬉しい顔)
約20分間は夢見心地で贅沢気分グッド(上向き矢印)

アロマテラピー終了後はハーブティーを飲みながらほっと一息。

自分好みの香りととろけるようなマッサージでリラックス黒ハート
至極のひと時でした。

産後のお母さんにはぜひぜひお勧めしたいと思いますぴかぴか(新しい)
posted by 高知ファミリークリニック at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

双子妊娠について

双子(多胎)妊娠についてですが、

どうしても一人の妊娠時より切迫早産や

その他の異常の発症率が高くなり、

またお母さんの体にかかる負担も大きくなってしまいます。


したがって、当院では赤ちゃんとお母さんの安全を第一に考えて

総合病院を紹介させていただいています。
posted by 高知ファミリークリニック at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

アロマテラピー

当院ではIFA(国際アロマセラピスト連盟)認定アロマセラピストの奈良雅子さんによるアロマテラピー教室を開催しますぴかぴか(新しい)
講師紹介.jpg

まずは 揺れるハートマタニティー・アロマテラピー揺れるハート
アロマテラピー_0001.jpg

安定期以降の方が対象です
教室日程表.jpg
ぴかぴか(新しい)6月からの教室の予定も決まりましたぴかぴか(新しい)
アロマ教室夏.jpg

そして 揺れるハートベビーマッサージ教室揺れるハート
ベビーマッサージ.jpg

両教室とも参加費1000円(マタニティ・アロマテラピーは材料費が別途かかります)、時間は10:30〜12:00くらいを予定しています。

お申し込みや問い合わせは
 携帯電話090-8284−4765
 mail toaromapot@ezweb.ne.jp
            までお願いします。

そして、当院で出産された方には 揺れるハート産後のアロマテラピートリートメント揺れるハート
産後.jpg
こちらは、希望される方は出産後に病棟で申し込んでいただくようになりまするんるん

アロマの香りで癒されてみませんか?わーい(嬉しい顔)
posted by 高知ファミリークリニック at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

会陰切開率

 高知ファミリークリニックの2008年の産科統計は、そのデータを整理して3月中にホームページに掲載する予定です。
 会陰切開はその適応を一人一人考えて行っていますが、2008年初産婦の会陰切開率は40.5%でした。ただ切開しなかった人で裂傷を生じた人もあり、初産婦で切開も裂傷もなかった人は13.5%でした。
 会陰切開は出来ればしないに越したことはありませんが、場合によっては赤ちゃんのために、あるいはお母さんのために選択されるべき医療の一つであることはご理解いただきたいと思います。
posted by 高知ファミリークリニック at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

看護師、助産師募集中

ぴかぴか(新しい)看護師及び助産師を、増員のため、夜勤の出来る方を募集しています。
 詳しくはハローワーク(公共職業安定所)、または高知ファミリークリニック(電話088−844−3339)福永までご連絡下さい。
posted by 高知ファミリークリニック at 16:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分娩時の体位について(2)

 当院でも通常の半座位の分娩以外のお産もあります。
数は多くはありませんが、側臥位での分娩や、四つんばいでの分娩の経験もあります。
どのお産も特に問題ありませんでした。
posted by 高知ファミリークリニック at 15:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

家族立会い分娩

高知ファミリークリニックでは家族の立会い分娩を勧めています。
ご主人はもちろん、上のお子さんや、産婦さんが希望されればお母さんや姉妹が立ち会われる場合もあります。4人位なら分娩室に入ることができます。小さなお子さんは分娩室内を動き回っては困りますので、ご主人やお母さんが抱っこして立ち会うことが多いです。
 分娩に立ち会うことは、他では得られない良い経験になると思います。
posted by 高知ファミリークリニック at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

火災訓練を行いました

11月20日に、院内において避難訓練を行いました。
 想定は、1階厨房から火災が発生したというケース。
 消防署など病院内外への連絡、非常ベルを鳴らす、入院患者さまの避難誘導を訓練していきました。
 通報の仕方、避難誘導までの手順など、再確認することがたくさんありました。実際に火災がおきてしまうと、いかに冷静に判断しスムーズに行動できるかが大事ですので、そのためにも火災に関する知識の習得、スタッフのチームワークなど、訓練(体で覚える)を重ねていきたいと思います。課題はたくさんありますが火災がおきないように、おきてしまった火災は最小限にできるように、努めていきたいと思っています。
 入院されていた方や患者さまのご家族、また、消防用設備点検業者の方にはご協力いただきありがとうございました。
hinannkunnren.JPG
posted by 高知ファミリークリニック at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

分娩時の体位について

高知ファミリークリニックではソフロロジー式分娩を基本としています。これは分娩方法というよりも、妊娠中のすごし方・出産を迎えるための準備を中心とした考え方です。
その準備の中で、座禅から来たあぐらの姿勢が呼吸法やイメージトレーニングをする場合の基本の姿勢となります。
 分娩時には赤ちゃんが生まれる直前までは、座ったり横になったり自由な姿勢で過ごし、赤ちゃんの頭が出かかってきたら、分娩台の上で上半身を半分起こし、足を開いた半座位の体位で分娩をします。この姿勢が妊娠中に準備・イメージしてきた姿勢に一致するため、産婦さんにも自然と受け入れられる体位のようです。また、この姿勢が骨盤の構造からも骨盤にとってもっとも負担の少ない姿勢であると言われています。
 ただ、分娩時に産婦さんが他の姿勢をとりたいと望まれた場合に、それを否定するものではありません。その場合、当院の分娩台は通常の状態ではベットと同じ形状ですので、その分娩台の上で好きな姿勢をとっていただくように考えています。
 この分娩台は高さを自由に変えられますし、場合によってはご主人も分娩台の上にあがることもできます。赤ちゃんの頭が出かかっている時に歩きまわるなど場所を変えて動きまわりたいというのでなければ、側臥位や四つんばいでの分娩、あるいはご主人に背中から支えてもらって座位での分娩の場合などでも、畳の上よりもこの分娩台の上の方がご家族や医療スタッフのサポートを受けやすいと思われます。
posted by 高知ファミリークリニック at 10:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

ご質問への回答

ひらめき赤ちゃんの入院中のオムツについてひらめき

 当院では原則として布オムツを使用しています。分娩が重なって布オムツの使用が増加し、布オムツの在庫が不足する場合は紙おむつを使用しておりますが、できるだけ布オムツを使用するようにしています。ご理解をお願い申し上げます。


ひらめき帝王切開術後の退院についてひらめき

 帝王切開の場合術後の5日目の退院が可能な場合もありますが、それはお母さんの術後の経過が良く、また赤ちゃんが母乳のみで十分体重が増加し、黄疸も心配ない場合です。もしそうでない場合に急いで退院しても、退院した後問題が起こったりしますので、母子の経過によっては退院を延期していただく場合もあります。
 また、帝王切開の場合の腹壁の切開ですが、当院の場合、前回の帝王切開が縦切開の場合以外は原則として横に切開しています。
posted by 高知ファミリークリニック at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

帝王切開の平均的な費用

帝王切開は手術前日に入院し、通常術後6日の合計8日間が平均の入院期間です。
術後の状態がよく、児の経過もよければ術後5日目の退院も出来ます。

費用は、保険の自己負担分と室料、その他(お産セットなど)が加わり合計で約40〜45万円程度になります。
posted by 高知ファミリークリニック at 10:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ママ同士のサークル「ホッとMaMa」誕生

ママ同士で子育ての情報交換をしたり、子育ての工夫や緊急時の対応の講習会、ママが楽しめるスクラップブッキング、ママさんゴスペル隊などの様々な活動を予定。

出産をひかえている妊婦さん、子育て奮闘中のママなど、お気軽にお子様連れでご参加下さいわーい(嬉しい顔)
高知ファミリークリニック以外で出産された方、出産予定の方も参加OKですぴかぴか(新しい)
詳しい内容、お問い合わせなどは「ホッとMaMa」のブログをご覧下さいかわいい
      ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/hotmama_kochi
posted by 高知ファミリークリニック at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

分娩入院費について

当院での一般的なお産入院は

  病院期間:産後5〜6日間

  ぴかぴか(新しい)費用:45万円前後

              となります。

入院期間は産後の経過や赤ちゃんの状態、ご本人の希望等により変更になります。

入院費には室料・食事代諸々含まれています。

その他は、お薬が処方されればお薬代、何か購入(お産セット等)されますとその分が別途必要となります。

posted by 高知ファミリークリニック at 09:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

7月からの外来診療について

平成20年7月より毎週火曜日午前の診察は
高知大学医学部附属病院 周産母子センター
 池上 信夫 講師

           による診察となります。

また、月・火・水・金曜日の午後2時〜3時は
ベビーや産後の方の健診になりますので、ご了承下さい。

なお、具合の悪い方や、お産の方はこの限りではありませんので
遠慮なくご連絡下さい。
posted by 高知ファミリークリニック at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

ご意見ありがとうございます。

 当院を受診されている方にはご協力いただいており、申し訳なく思っていますが、診察の待ち時間が長くなりがちです。待ち時間をできるだけ短くする工夫とともに、待合室で過ごす時間を少しでも快適なものにしたいと考えていますぴかぴか(新しい)
受付横のベビーベット設置の件なども含めて考えてみたいと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by 高知ファミリークリニック at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

待合室に流れている音楽

 現在待合室には有線放送の音楽を流しています。いくつかのジャンルの中から選曲していますが、なかなかゆっくり待合室に座って確認するゆとりもないことが多く、ご来院の皆様のご意見をいただきながら、適切なBGMにしていきたいと思っています。
 ご意見ありがとうございました。
posted by 高知ファミリークリニック at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

分娩中の付き添いと出産後の付き添いについて

 陣痛発来で入院してから出産までの間、信頼し安心できる人に付き添っていただいた方が、分娩も順調に進みます。そのため分娩の進行中はご主人やお母様など、いくらか甘えることのできる方に付き添っていただく事は望ましいことです。ですから分娩が進行中であれば、夜間でもお母様なども入院室で過ごしていただくことができます。ただ、分娩中の付き添いの人数が多いと、産婦さんが気を使い疲れてしまいますので、注意が必要です。

 出産後の入院期間中は母と子の絆を強くする時間であり、また医療スタッフの見守りの中で、新しく母親となった女性が育児に慣れる時間でもあります。自分の母親の庇護を離れ、生まれてきた赤ちゃんの母親として成長し、自立するための重要な時間です。ここでお母様(赤ちゃんの祖母)が付き添われますと、可愛さのあまりつい世話をやき過ぎてしまいます。

 赤ちゃんは産後の最初の24時間は子宮内とはまったく違う子宮の外の世界に適応する時間であり、あまり泣くこともなく、多くの時間を眠って過ごします。ですから、出産直後からの母子同室でも、皆様それほど困る事なく過ごされています。
posted by 高知ファミリークリニック at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

帝王切開時のご家族の宿泊について

 帝王切開の場合は、ご主人が泊まれないのであれば、手術当日のみお母様などに付き添っていただいてもかまいません。ただ、翌日からはご主人・お子様以外の宿泊はご遠慮いただいております。
 看護スタッフが注意してケアさせていただきますので、夜中でもいつでもご遠慮なくナースコールでスタッフをお呼びいただければと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by 高知ファミリークリニック at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。